【みそ】

【味噌】

みそ

 

みそ調味料と言っても、味噌汁やみそ田楽、

そしてきゅうりにつけたりして、それだけでおいしい存在ですね。
 

みその種類

 

昔は、そのままおかずとして食卓にあったということもあります。
 

みそは、米、麦、大豆などを原料にして、麹(こうじ)をつくって、

蒸した大豆と食塩、水をくわえて発酵・熟成していきます。
 

麹の原料によって、米みそ、麦みそ、豆みそというように分かれます。
 

また、味では

甘みそ、甘口、辛口
 

色では、

白みそ

淡色

赤みそ

などに分類されています。
 

いろんな種類があって、地方によって特徴があり、興味深いですよね。
 

東北地方は、米みそで辛口の赤

信州は淡色で辛口の米みそ

中部地方では、八兆みそで知られる濃褐色の豆みそ

などなど、
 

みその歴史

 

みそは、醤油と同様に、中国から伝えら穀醤(こくびしお)。

飛鳥時代に朝鮮半島から中部地方に渡来した高麗人(こうらいじん)が

「豆みそ」の製法を伝えたともいわれています。
 

日本では、平安時代後期にみそづくりが盛んになってきました。

最初は粒みそ状のものをなめておかずにしていたのが、

鎌倉時代に禅僧がすり鉢ですって汁に入れることを始めました。
 

これで、すり鉢が普及していったといわれています。

また、当時、一汁一菜(いちじゅういっさい)の食事の形式がひろまったともいわれています。
 

手前みそとは?

戦国時代に、全国各地で個性的なみそが作られるようになってきて

庶民が自宅で自家用のみをを作って自慢することを

「手前みそ」といいます。
 

これが手前みそ=自慢する

というふうになりました。
 

手前みそは、「自慢じゃないけど」を謙遜した表現で、

「手前みそな話ですが…」

「手前みそで恐縮ですが…」と、

断ってから自慢をすると嫌味っぽさが減りますね。
 

【産直の庭】池田

PS,超レア!「手作りのこうじ」 こだわる人が使う特別なみそは こちら

岐阜県 五年味噌

 


Top