文化干しは、なぜ文化?

【文化干しは、なぜ文化?】

静岡 干物

 

サバの文化干し

アジの文化干し

など、スーパーで見かける事がありますよね。
 

そもそもなぜ、文化なのでしょうか?

文化干しとは?

 

文化干しという言葉からは、
天日干しに替わる新たな乾燥法のようなものが想像されますよね。
 

実際には、製法よりも包装が先だったようです。
 

発泡スチロールのトレイも
真空パックもなかった時代に、
魚の干物をセロハンに包んで販売したところ、
見た目に美しく、画期的だったことから

【文化干し】というネーミングで1950年に販売されました。
 

当時、干物は新聞紙に包まれたり、木箱に入れられているのが
普通だったので、見た目がきれいなこの干物は爆発的に売れました。
 

当時としては、画期的な包装方法だったので。自然に【文化干し】と
なったといいます。
 

その後、文化干しは、普通の干物とは製法も変わって、
「冷風乾燥機を使用した干物」
を文化干しと呼ぶようになり、今に至っているそうです。
 

カタチから入るって、
何とも日本人らしいですね~

 

【産直の庭】池田

PS,おすすめの干物やっぱり沼津産! 詳しくはこちら


Top