【練りみそ】

【練りみそ】

味噌で季節感を味わう工夫を!

練りみそ

練りみその作り方は?

 

練りみそは合わせみその一種ですね、

みそに砂糖やみりん、だしなどをくわえて、よく混ぜながら

トロリとするまでゆっくり弱火で練ってくださいね。
 

これをベースに、ごま、酢、ゆずの皮、しょうが、木の芽などが、

ごま酢、酢みそ、ゆずみそ…などと飛ばれます。
 

これらは、あえ物や田楽にピッタリですね!
 

【練りみそ】を使ったあえ物は、

みそ汁と並んで、伝統的な庶民の料理ですね。
 

旬の野菜や魚介などを、ゆずみそなど、

その時期の練りみそで和えれば、季節感たっぷりですね。
 

たったこれだけで、あなたの料理の腕は上がりますよ!
 

また、田楽は平安時代の芸能にちなんだもので、

白い袴(はかま)の田楽法師が高足(こうそく)「たけうま」に乗って舞う姿に、

豆腐を串に刺した状態が似ていることから、この名前がついたようです。
 

ここで、また面白いのが地域制。
 

田楽で刺す串は、京都では二本、

関東では一本と決まっているようですね。

みそ田楽

豆腐以外にも、

こんにゃく、里芋、魚などに練りみそを塗って約田楽があって、

魚の場合は、魚田(ぎょでん)と呼びます。

 

【産直の庭】池田

PS、おすすめプレミアムみそはこちら


Top