【嘗めみそ】(なめみそ)

【なめみそ】

いにしえに思いをはせながら味わいましょうね。

なめみそ

 

【嘗めみそ】は、酒の肴やおかずとして

食べられる(なめる)みその事をいいます。
 

嘗めみそは2種類

 

醸造みそは、最初からなめるみそ用として、発酵させたもの。

加工みそは、普通のみそに、肉、魚介、野菜、砂糖などの調味料を加えたもの。
 

醸造みそ

 

その代表的なものは径山寺(きんさんじ)みそ、と醬(ひしお)みそ。

(径山寺は金山寺とも書きます)

径山寺みそは、禅僧覚心が宋の径山寺からその製法を

持ち帰って、近隣に伝えたことが始まりです。
 

今でも嘗め味噌として流通していますね。

作り方は、なすやきゅうり、うりなどをの野菜を塩漬けして、

ごま、こんぶなどを混ぜて、米麹や大豆麹と一緒に仕込んで熟成させていきます。
 

醬みそも作り方はほとんと同じで、千葉県の銚子や野田の特産とされています。
 

 

加工みそ

炒った大豆をいれた、鉄火みそ、ねぎみそ、鯛みそ、とりみそ、ゆずみそ

などなど。

この土地特産の食材とみそを合わせた個性的なおかず、

全国各地には様々な加工味噌がありますね。
 

これだけでも、ごはんにピッタリ!

やっぱりいいなぁ、日本の味

 

【産直の庭】池田

 


Top