【下味】

【下味】

段取りよく下味をつけて、調理のスピードアップを!

下味

 

下味とは

材料が生の状態の時や、料理を仕上げる前に

あらかじめ調味料や香辛料などで味をつけておくことです。
 

下味がないと、食べた時に、パッとしない味になったり

何か物足りない感じになりますよね。
 

塩、こしょうを少しふりかけたり、塩と酒、醤油などの調味料を合わせたり、

オリーブオイル、または、ワインなどをベースにしてマリネにするなど

いろいろな方法がありますよね。
 

【下味】は普通、数分から30分程度でつくもの、

一定の味をつけると同時に材料の臭みやくせを除いて、

固いものをやわらかくするなどの効果もあります。
 

複数の材料を炒め合わせる時など、

肉や魚介は味のしみこみ具体が違って、

調味のバランスがとりにくいことがあります。
 

そんな時は、下味をつけているとしっかり味をつけられるだけでなく、

全体の味にメリハリが出て、おいしくなりますよ。
 

魚の場合、焼く15~20分前に塩をふって焼きます。

肉の場合は、焼く直前に塩をふります。
 

 

このように、材料によって、

ちょうどいいい下味をつけるタイミングがあります。
 

醤油味の場合も、あまり長くつけすぎるとしょっぱくなるし、

下味の量や、それにかける時間などを見越して

調理しましょうね。
 

これぞ、料理上手!

 

【産直の庭】池田


Top