【酒蒸し】さかむし

酒蒸し(さかむし)

魚介の素材の持ち味を引きだします

酒蒸し

酒蒸しは、なんといっても魚介類ですね!
 

魚介類にお酒と塩、もしくはお酒のみで蒸し焼きにすることですね。
 

特にアサリやあわびなどの貝類、

あと白身魚なんかによく使われる調理法ですね。
 

また、塩漬けの魚の塩気を抜くときに、酒蒸しをすることもありますね。
 

一般的に、酒蒸しにすると、魚介類の生臭さが抜けて、

風味が増して魚の持ち味が生きてきます。
 

料理の下ごしらえで酒蒸しにするときは、

材料にサッと酒と塩をふりかけて蒸したり、

電子レンジでチンもOKですよ!

 

洋風料理では?
 

洋風料理では、肉や魚介と

ワイン、シェリー、ブランデー

などの洋酒の組み合わせで蒸し焼きにします。
 

材料にスパイスや香味野菜を入れて、

焼いたり炒めたりしてから、ワインなどをふって、

蓋をして火を通すこともあります。
 

酒蒸しは、ふっくらと仕上がるので。

味がやさしい味わいになります。
 

高齢者やカロリーが気になる人にもおすすめですね!

 

【産直の庭】池田


Top