「二枚おろし」と「三枚おろし」

「二枚おろし」と「三枚おろし」

三枚おろし

 

魚のおろし方で、一番基本的なのがこの方法ですね。
 

いくつかのやり方がありますが、
 

【二枚おろし】
 

は中骨(魚の中央を通っている一番太い骨)の
 

のついていない身と、ついている身の二枚に分けることです。
 

【三枚おろし】
 

さらに、二枚おろしの中骨がついている方の実から中骨を切り離し、
 

身2枚 + 中骨 で、合計3つにわけることです。
 

一般的には、まず、魚の頭を落として
 

はらわたを出して、お腹の中を水でよく洗って
 

水気をよくふきます。
 

 

頭のあったほうから包丁を入れて、
 

腹側から中骨にそって尾まで、切り込みをいれ、
 

背側から中骨にそって、頭のほうまで、切ります。
 

そして、再び尾の方から中骨の上をなぞるようにして、 
 

中骨と身を切り離します。(二枚おろし) 
 

次に中骨のついている身を、同様にして中骨と切り離します。 
 

これで三枚おろしの完成!

 

 

【産直の庭】池田


Top