うだつが上がらないの「うだつ」とは?

うだつが上がらないの「うだつ」とは?

 

「うちの亭主は、うだつが上がらなくて、困っちゃうの~」
 

女性同士の井戸端会議では、こんな愚痴がよくかわされましたね。
 

一家を支えている大黒柱としては、
 

こんなことは言われたくないものですね。
 

 

そもそも、この「うだつ」とは何なのでしょうか?
 

 

おおまかには、日本家屋の屋根に取り付けられた瓦状のそうしょくの一つのことを言います。

うだつ

 

平安時代は、「うだち」と言って、
 

本来は梁の上に立てる小さな柱であったとか 、
 

防火目的のものであったとか、諸説がありますが、
 

江戸時代では、もっぱら装飾的な意味が強かったようです。
 

 

いわば、
 

金銭的余裕を見せつけるもの
 

であり、
 

これを屋根に上げる事が出来ない人は将来性のないということから、
 

この言葉が出来た様です。
 

 

うだつ、上げられるように頑張らなきゃですね!
 

【産直の庭】池田


Top