銀しゃりの「しゃり」って?

銀しゃりの「しゃり」って?

 

シャリ

お寿司屋さんでは、酢飯のことを「しゃり」といいます。
 

銀しゃりのおにぎりも、さっぱりとしておいしいですよね。
 

銀シャリなんて、お笑い芸人もいるようですね。
 

 

「しゃり」とは、白いご飯のことをさします。
 

この「しゃり」の語源は、
 

サンスクリット語の「シャリーラ」で
 

なんと遺骨の意味です。
 

 

シャリは漢字で書くと「舎利」と書きます、
 

白いご飯をなんと白い遺骨に見立てたというわけ、
 

なんか変な語源ですね。
 

 

白からさらに輝かせて、「銀シャリ」、
 

と言ったのは、刑務所の人々。
 

 

毎日まずい麦飯を食べている彼らにとって、
 

炊きたてでホカホカの白米は夢に見るほどのものだった。
 

それが、戦中戦後の食べ物のない時代には。
 

一般人にも使われるようになった。
 

誰もがおいしいごはんに飢えていたんですね。
 

 

今の時代は幸せですね。
 

【産直の庭】池田


Top