夏野菜「なす」の裏ワザ-その4

夏野菜「なす」の裏ワザ-その4

マーボーなす

オーブントースターで簡単に焼きナス!

 

 

焼きナスは、焼くのに時間がかかると

中の水分が蒸発して、

風味がおちてしまいます。
 

 

そこで、網で焼くのではなくって、

オーブントースターを使って手早く調理する方法がおすすめ。
 

 

洗ったナスの水気をよくキッチンペーパーでふいて、

重ならないようにオーブントースターに並べて、

15分ほど加熱しましょう。
 

 

目安は少し、焦げ目がついて、

全体がパリパリになったくらいがいいですね。
 

 

なお、焼くときはヘタをつけたままにしましょうね。

ヘタを切っちゃうとそこから水分が逃げちゃいますよ!

 

 

 

 

 

焼きナスの皮を簡単にむく裏ワザ

 

焼きナスは、水に浸して、その中で皮をむくと、

むきやすいのです。
 

ただし、ぬるい水だと、アクが出ちゃうので、

出来るだけ冷たい水を用意して、

その中で手早く皮をむくのがコツ!
 

 

なお、ナスは焼き方がたらないと、

皮が身から離れずにうまくむけないこともあるので、

十分に火を通してくださいね!

 

マーボーナスは仕上げに「酢」が決め手!

 

なすと豚のひき肉を辛味噌で炒めた

麻婆ナスは、まさに夏向きのスタミナ料理ですね!
 

 

ナスは、油通しして、

豚のひき肉をテンメンジャン、

酒、しょうゆ、油で炒めます。
 

別の鍋に油と豆板醤、にんにく、しょうがを炒めて、

そこにナスと豚ひき肉を入れましょう。
 

最後にお酒、しょうゆ、砂糖、コショウを入れてしばらく煮込みます。
 

 

水溶き片栗粉を加えて混ぜます。
 

 

そして、仕上げに少量の酢をくわえるのがプロのコツ!
 

分量はナス4本に対して小さじ一杯程度。
 

この仕上げの酢で、油っこさが抜けて、

とても食欲をそそる味になりますよ!

 

 

【産直の庭】池田

 


Top