「パスタ」の裏ワザ-その2

「パスタ」の裏ワザ-その2

パスタ

ふきこぼれは○○で防ぐ-1つ目

 

パスタをゆでる時、

お湯の中にマーガリンを入れると、

ふきこぼれの防止になります。
 

 

そもそも、ふきこぼれの現象は、

沸騰したときに出る泡がきちんと割れないために起こります。
 

パスタから、粘り気のあるでんぷん質が流れ出て、

それが泡をつつんでしまって、泡が割れにくくなるのです。
 

 

そこで、マーガリンを入れると、

乳化剤の働きで、でんぷん質が取れて、

泡が割れやすくなる、というわけ。
 

 

目安は、スパゲティ200gに対して、

大さじ1杯程度、

マーガリンを入れたからって、

臭いやべたつきが残ることはないので安心してくださいね。
 

 

そして、いつも通りに味付けすればOK。
 

 

これ、バターでも同じ効果がありますよ!

ぜひ、お試しあれ~!

 

 

 

ふきこぼれは○○で防ぐ-2つ目

 

めん類をゆでるとき、やっかいなのが吹きこぼれ。

もう一つ、とっておきの技をご紹介しますね。
 

 

めんを入れる鍋に、灰皿を裏返して入れておくという裏ワザ!
 

チョット驚くかもしれませんが、これだけで、ふきこぼれなくなりますよ!
 

 

これは、鍋の底から吹き上がる小さな泡を灰皿が受け止めて、

大きな泡にして、灰皿の横の溝から水中に泡が放出されるからです。
 

 小さな泡は、割れにくいため、ふきこぼれやすくなるけど、

大きな泡なので、これが割れやすくなります。
 

 

使用する灰皿は、陶器、ガラス、ステンレスなど素材はなんでもOK。
 

ただし、浮き上がらないだけの重さと、横に溝があるものにしてくださいね。

重さを考えたら、陶器のものがオススメですね。

 

 

 

【産直の庭】池田

 


Top