「ごまあえ」の裏ワザ

「ごまあえ」の裏ワザ

ごまあえ

 

ごまは弱火でじっくり炒る!

 

ごまは、自分で炒ると、めっちゃおいしくなりますよ!
 

 

ごまを炒るポイントは、弱火で時間をかける事です。
 

強火だと、スグにごげて苦味が出ちゃいます。
 

まず、フライパンにクッキングシートを敷いて、

その上にゴマをいれましょう。
 

こうすることで、熱の当たりが柔らかくなって、焦げる心配がありません。
 

 

そして、フランパンをゆすりながら弱火にかけて、

指でごまが つぶせるくらいになったら出来上がり!
 

 

おいしいすりごまを作る方法!

 

ごまは、油がにじんでくるまで、ていねいにすりましょう。
 

 

この油によって、ごま和えに香ばしさが加わります。
 

 

炒りたてのゴマをすり鉢に入れて、

表面の硬い部分が壊れるまでは軽く、

そのあとは力を入れてすりましょう。
 

 

このときに、すり鉢の下に、濡れふきんを敷くと

鉢がグラグラしないので、楽にすることができますよ!
 

 

十分にころもの味をなじませるには!

 

ごまあえは、食べる直前にあえるのが鉄則ですけど、

材料を下茹でしたら、前もって少量の

あえごろもであえておくと、味がしみこみやすくなりますよ。
 

 

ただし、この時に使うこともは、ごく少量にして下さいね。

 

水分が出たら、それを捨てて、食べる直前にもう一度本格的に

ころもをあえるとしっかり味が付きます。

 

 

ごまは、一人前大さじ1杯が目安!

 

ごま和えに使うゴマは、好みでいいですけど、

一般的には、見た目がきれいな白ごまを使うことがオススメ。
 

ごま和え一人分に対して、大さじ1杯が目安!
 

ごまの他にピーナッツやくるみなどのナッツ類を使うと

これまたおいしいくいただけますよ!

 

【産直の庭】池田

 

 


Top