「枝豆」の裏ワザ

「枝豆」の裏ワザ

枝豆

 

枝豆を買うときは枝付きがおいしい

 

まだまだ暑いですね。

季節的にはもう秋、でもまだ夏のなごりで蒸し暑いですよね。

ビールに枝豆の最強タッグはまだまだ欠かせませんね~。
 

 

最近、あまり目にしませんが、枝豆はやっぱり

枝つきで買うのがオススメ。
 

 

枝豆は、枝からむしり取ると香りが失われて、

うま味のもとの糖度が落ちてしまいます。
 

選ぶなら、さやの色がきれいで、

枝の節と節の間が狭く、さやが密生しているものを選ぶといいですよ!

 

枝豆のおいしいゆで方

 

まず、すり鉢に入れてたっぷりの塩をふりましょう。
 

そして、さやの表面に生えているうぶ毛をこすり取るようにもみます。
 

こうすると、よごれが落ちて、ゆであがりには鮮やかな緑色になります。
 

さらに、さやの表面に適度に傷がついて、塩味がしみやすくなる効果もあります。
 

 

多めのお湯で、少し固め、くらいにゆで上げて、

扇風機の風に当てるなどして、手早くさますと、

水っぽくならないのです。
 

 

冷蔵庫でさますのは、風味が落ちちゃいますので避けてくださいね!

 

 

 

【産直の庭】池田

PS、おすすめの山形産、だだ茶豆!これはうまい!

山形産!だだちゃ豆

 

 


Top