コロッケの裏ワザ -その1

コロッケの裏ワザ -その1

コロッケ

コロッケ種の空気の抜き方

 

「コロッケを揚げると、途中で爆発する」

手作りのコロッケで、こんな経験をしたことがありませんか?
 

これは、以下の原因が考えられます。
 

まず、種の丸め方、

種をコロッケの形に丸めるときに、中に空気が入ってしまうと

爆発してしまいます。
 

 

コツは、種を丸めるときに、

手に少し、力を入れること。
 

ギュッと握って、中の空気をプシュッと抜く感じで扱いましょう。
 

 

たわら形のコロッケは、厚みがある分、空気が入りやすいです。

作りなれていない人は、小判形の方が作りやすいですよ。
 

 

コロッケの種は良く冷やしてね

 

コロッケが爆発する原因のもう一つは、

種の温度。
 

 

種がまだ熱いうちに揚げてしまうと、衣が爆発しやすくなります。
 

種を作ったら、バットなどに広げてあら熱を取りましょう。

その後、最低2時間、できればひと晩冷蔵庫で休ませましょう。
 

揚げる直前に冷蔵庫から出して、

形を作ってあげるといいですよ!
 

 

【産直の庭】池田

 

 


Top