「フライドポテト」の裏ワザ

「フライドポテト」の裏ワザ

フライドポテト

揚げる前に大事なこと

 

フライドポテトは、外側カリッと!

なかは、ソフトな食感に揚げるのが理想的ですね。
 

 

それには、最初にジャガイモを水にさらしましょう。
 

 

じゃがいものでんぷん質を落とすことで、

あのカリッとした食感が生まれます。
 

 

同時にアクが抜けて、味もよくなりますよ!
 

 

また、10分ほど水にさらしたら、、

ペーパータオルで水気をしっかりふき取っておくことが大事。
 

 

そうでないと、揚げた時に油はねして火傷しますよ!

 

しなっとしないフライドポテトを作る方法

 

フライドポテトは、揚げたてを食べるのが一番!
 

 

でも、お弁当にいれると、そうはいかないこともありますよね。
 

 

そんな場合は、二度揚げするのがコツ!
 

 

最初は150~160度くらいの油で、

表面が色づかないように、

八分通り火を通して、

いったん取り出して油切りましょう。
 

 

次に、油の温度を180度まで上げて、

表面がきつね色になるまで揚げます。
 

 

こうして、二度揚げすると、油切れがよくて、

冷めてもしなっとしませんよ!
 

 

味付けのタイミングは?

 

フライドポテトは、揚げたてに塩、コショウをするのがベスト!
 

冷めてからでは、味がなじみません。
 

 

また、揚げたてであっても、油切りする網の上で、

塩、コショウををするのはNG。
 

その理由は、ポテトから出る蒸気で、塩が湿ってしまいます。
 

そのため、べチャットしたフライドポテトになってしまいます。
 

 

塩、コショウは、火にかけたフライパンの上でするのが

うまく作るコツです!
 

 

油でなじんだフライパンを中火にかけて、

揚げたてのフライドポテトを入れます。
 

上から、塩、コショウをふりかけて、フライパンをゆすって

全体にまんべんなくいきわたらせましょう。
 

 

これで、同時に余分な水気が飛んで、しっかりと味が付きますよ!

 

【産直の庭】池田


Top