「じゃがいも」の裏ワザ -その2

「じゃがいも」の裏ワザ -その2

 

じゃがいも

 

旨みを逃さずにゆでる方法

 

ジャガイモをゆでるときは、

水はなるべく少な目のほうがいいです。
 

 

これは、ゆでた水にうま味を逃さないため!
 

あとは、ジャガイモが隠れるか、かくれないか

くらいの水加減で、

落としぶたをしましょう。
 

 

こうすることで、短時間でゆであがるし、

鍋の中でジャガイモが躍らないので、

煮崩れしにくくなります。

 

 

ジャガイモの裏ごしのベストなタイミングとは

 

ポテトピューレやクリーミーな食感の

ポテトコロッケを作る時には、

ゆでたジャガイモを裏ごしする必要がありますよね。
 

 

そんなとき、ジャガイモがアツアツのうちに

こし器にかけましょう。
 

 

ジャガイモは、「粘性」をもつために、

加熱したジャガイモを冷やすと

粘りがでて、熱で壊された細胞同士が

再びくっついてしまいます。
 

 

そうなると、こし器の編み目をと売らなくなってしまうので、

調理しずらくなってしまいますよ!

 

 

【産直の庭】池田

 


Top