「煮魚」の裏ワザ-その1

「煮魚」の裏ワザ-その1

煮魚

煮魚を作る時の魚を入れるベストなタイミングとは?
 

 

煮魚は、魚のうま味が煮汁に逃げないように煮ることが大切ですね。
 

それには、魚の表面のタンパク質を、

熱でいち早く固めてしまうこと。
 

 

まず、鍋に水と日本酒、調味料を入れて、

強火にかけます。
 

 

そして、煮汁がグラグラ沸騰してきたときに

魚を入れましょうね!
 

 

煮魚で煮崩れを防ぐ方法
 

 

魚は、煮崩れしたり、

皮が鍋底にはりついて

焦げたりしますよね?
 

 

そこで、鍋のそこに、長ネギ、ごぼうなどの

野菜を敷いてみましょう。
 

 

そして、その上に魚を入れて煮ましょうね。
 

こうすることで、熱の当たりが柔らかくなって、

煮崩れや、こげつきを防いでくれます。
 

煮えた野菜は、これまたおいしくいただけますよ!
 

もし、野菜がないときは、アルミ箔をしいてもOKですよ!
 

 

青魚の味付けは?
 

 

アジ、サバ、イワシなどの青魚は、

カレイやメバルなどの白身の魚より、

はるかにうま味が濃いですよね。
 

 

そして、クセのあるのが青魚の特徴
 

 

そんな味に主張のある青魚は、

砂糖や醤油を多めに使って、

こってりした味付けがいいですね。
 

 

魚のクセが和らぐし、

煮汁のコクと相まって、

うま味がさらに引き立ちます!
 

 

【産直の庭】池田

 

 


Top