「サバ」の裏ワザ-その2

「サバ」の裏ワザ-その2

サバ

みそ煮の極意は味噌の加え方
 

サバの味噌煮は、

味噌の甘みがサバにしっかりと

しっかりとしみていれば成功ですね。
 

 

最大のコツは、みそを

2回に分けて入れる方法。
 

 

1回目は、たっぷりの酒、

みりん、砂糖、醤油で味付けした煮汁で

サバを10分ほど煮て、

鯖に完全に火が通ったら、まず、分量の4分の3の

味噌をいれます。
 

その後、弱火でコトコト煮ること

最低15分以上。
 

みその味がすっかりなじんだら、

残りの4分の1の味噌を入れます。
 

軽くひと煮立ちさせて、

スグに火を止めると

味噌風味の香りが引き立ちます!

 

 

味噌が焦げ付かない方法
 

サバの味噌煮は、味噌が焦げ付きやすいものなので

注意して下さいね。
 

 

チョットでも焦げると、苦味がでて

美味しくなくなっちゃいます。
 

 

そこで、みそをくわえた後は、

時々鍋を回してあげましょう。
 

こうして、煮汁を動かしながら煮ると、

美味しいみそ煮の出来上がり!
 

 

煮汁をかけながら煮てね!
 

みそ煮でも醤油味の煮つけでも、

サバを煮るときには、煮汁を

ひたひたにしましょうね!

 

煮汁が多すぎると、鍋の中で

魚が躍って、煮崩れしてしまいます。
 

 

ただ、だからと言ってそのまま煮るだけでは、

味がしみこみにくいのです。
 

そこで、途中何度かは、鍋を傾けて、

スプーンなどで、煮汁をすくっては、

鯖に賭けながら煮ることがコツ!
 

 

味がしみこむ上に、

表面にツヤもでて美しく仕上がります!

 

 

【産直の庭】池田

 


Top