「春巻き」の裏ワザ-その2

「春巻き」の裏ワザ-その2

春巻き

春巻きを新しい油で揚げると失敗する!
 

 

春巻きを揚げるた後、

きれいなきつね色になるのが理想なので、

つい、新たしい油で揚げてはいませんか?
 

 

実はこれ、間違いなのです。
 

 

春巻きは、すでに火が通っている具を

巻いてあげます。
 

なので、揚がったときに

皮がパリッとして、おいしそうなきつね色がつけばいいのです。
 

 

このとき、新しい油をつかうと、

なかなか色づきません。
 

 

なので、つい、揚げすぎてしまいます。
 

 

そうなると、具の水分が抜けてパサパサになって、おいしくありません。
 

 

こういった理由で、春巻きは、

何度か使った油で揚げるのがコツ!
 

 

短時間で揚がるし、皮はパリッツとして

具はジューシーという理想の状態に揚がりますよ!
 

 

揚げるときは向きにも注意!
 

 

春巻きを揚げるときは、170度の油に入れて、

徐々に温度を上げていきます。
 

 

このとき、巻き終わりが下に来るようにして

入れましょう。
 

いち早く、皮のとじ目の所のノリにひを通して、

包みがほどけないようにするのが目的。
 

 

揚げている間は、こまめにお玉で

油をすくって、春巻きの上から

かけてあげましょう。
 

 

こうすると、全体が均一に色づいて、

見ためも最高の仕上がりとなります。
 

余った春巻きの皮で簡単なスナックを作ろう!
 

 

春巻きの皮が余ったときにm

「次に使おう」と思って取っておいても

スグに賞味期限切れになってしまいます。
 

 

なので、冷蔵庫にある常備品などを

チョット包んで、サッと一揚げてしまいましょう。
 

 

例えば、チーズ、かにかま

明太子+チーズ、納豆、バナナ

小倉あん、などなど…

 

辛口ならお酒のつまみに…

甘口なら子供のおやつに…

 

とても簡単にできますよ!

 

 

【産直の庭】池田

 


Top