10/31 今日は何の日?

10/31 今日は何の日?

10/31

 

10月31は「ハロウィン」
古代ケルト人の秋の収穫祭が起源で、
現在ではカボチャをくりぬいたランプを作ったり、
お化けや魔女に仮装した子供たちが近所の家に
お菓子をもらいに行く風習がある。
 

カボチャのおばけは「ジャックランタン」という名前で、
発祥の地であるアイルランドでは元々カブだったのです。
しかし、アイルランド人がアメリカに移民した際、
生産が多かったカボチャに変わりました。
ちなみに、ハロウィンのテーマカラーといえば、
オレンジと黒。この色にも、またちゃんと意味があるんです。
実はサウィン祭の日は、ケルト人にとっては収穫期の終わり、
そして長く暗い冬の始まりを分かつ境界線を意味していました。
そこで、「収穫」を表すオレンジ、
「冬の長い夜や死」を表す黒を
ハロウィンのシンボルカラーとして表すようになりました。
 

10月31日の誕生すしは「玉子」
江戸時代から寿司屋のネタとして食べられていたといわれている。
寿司屋で食べられるようになった理由に、
寿司飯には玉子焼きの甘みが口直しになるという説と
飯台に並んだ時の彩りや見た目の良さから入れられるようになった
という説がある。
 

●ハロウィン
キリスト教の聖人の祝日「万聖節」の前夜祭。
古代ヨーロッパの原住民ケルト族の収穫感謝祭がキリスト教
に取り入れられ、現在のハロウィンになったとされている。
ケルト族の1年の終わりは10月31日で、
この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、
精霊や魔女が出てくると信じられていた。
これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚火を焚いた。
これに因み、31日の夜、南瓜をくり貫いて作った
ジャック・オー・ランタン(お化けカボチャ)に蝋燭を立て、
魔女やお化けに仮装した子供達が
「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」
と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。
家庭では、カボチャの菓子を作り、
子供達はもらったお菓子を持ち寄り、
ハロウィン・パーティーを開いたりする。
 

●世界勤倹デー
1924年、イタリアのミラノで開催されていた国際貯蓄会議
の最終日に、この日を「世界勤倹デー」とすることが決定された。
 

●ガス記念日
日本ガス協会が1972(昭和47)年に制定。
1872(明治5)年9月29日(新暦10月31日)、
横浜の馬車道でガス灯が点灯された。
 

●日本茶の日
1192(建久2)年のこの日、臨済宗の開祖・栄西が宋から帰国し、
茶の種子と製法を持ち帰った。
 

●出雲ぜんざいの日
出雲ぜんざい学会が2007年に制定。
1031を千三十一とみなして、「ぜん(千)ざ(3)い(1)」の語呂合せ。


Top