11/7 今日は何の日?

11/7 今日は何の日? 

11/7

11月7日は「立冬」
立冬は二十四節気のひとつで、
暦の上で冬の始まりを意味する。
この日から小雪(二十四節気のひとつ)の前日までの期間
を立冬ということもあり、
2016年の立冬は11月7日~11月21日になる。
 

立つ、という字には新しい季節が始まるという意味があることから、
立冬は冬が始まる日とされています。
江戸時代、太玄斎(松平頼救)の記した『暦便覧』には、
立冬について「冬の気立ち始めて、
いよいよ冷ゆれば也」と解説されており、
陽が弱まり冷え込む日がだんだんと増えていく様が書かれています。
気象庁は、秋から冬へと変わるこの時期に
初めて吹く北よりの強い風のことを
「木枯らし一号」として発表しています。
 

地域にもよるようですが、
一般的には立冬にはかぼちゃを煮て食べる風習があります。
昔は季節に採れるもの「旬の物」には
その季節に起こる身体の不調を食い止める働き
があることと知られていました。
そのため、滋養のあるかぼちゃを食べて、
寒い季節を健康的に越せる様に健康祈願を込めて
保存も効くかぼちゃを食べる風習が出来たとされています。
 

11月7日は「いい女の日」
「いい(11)おんな(07)」の語呂合わせから、
美容家のたかの友梨氏が代表取締役を務める
たかの友梨ビューティクリニックが制定。
美しくなりたい女性を応援することを目的としている。
 

●鍋の日
食品メーカー・ヤマキが制定。
この日が立冬になることが多いことから。
 

●もつ鍋の日
社団法人日本畜産副産物協会が2011年に制定。
この日が立冬になることが多いことと、
「い(1)い(1)もつな(7)べ」の語呂合せ。
 

●知恵の日
朝日新聞社が1988(昭和63)年、
『朝日現代用語 知恵蔵』発刊の時に制定。

●紀州山の日 [和歌山県]
和歌山県が1994(平成6)年に制定。
紀州の山村ではかつて旧暦11月7日に
山の神に感謝する祭が行われていたことから。
山林に対する理解を深め、
人と山が共生する山村作りを啓発するための活動が行われる。


Top