11/15 今日は何の日?

11/15 今日は何の日?

11/15

 

11月15日は「七五三」
子供の成長を祝う行事で、男児が三歳と五歳、
女児が三歳と七歳の時にそれぞれ執り行われる。
収穫祭が行われるこの時期、旧暦で吉日にあたる
11月15日に行われるようになった。
 

11月15日は「七五三」。
乳幼児の死亡率が高かった時代には七歳までの子供は
神の子として扱われ、七歳になって初めて社会の一員
と認められたといわれています。
明治に入ると、三歳の男女が髪を伸ばしはじめる「髪置き」、
五歳の男子がはじめて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、
七歳の女子が帯を使いはじめる「帯解き」があり、
七五三の儀式として定着しました。
ちなみに、七五三を祝って食べる千歳飴が細長く作られるのは、
長寿の願いを込めてのことです。
 

11月15日は「きものの日」
古くから七五三のお宮参りの日であることから、
日本きもの連盟が制定。きものを着る運動のシンボル的な日として、
きものの美しさ、文化的な要素をアピールしていくのが目的。
 

●七五三
男の子は数えで3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年に、
成長を祝って社寺に参詣する。
3歳は髪を伸ばす「髪直」、5歳は初めて袴をつける「袴着」、
7歳は本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解」
をそれぞれ祝う意味がある。
旧暦11月はその年の実りを神に感謝する月であり、
旧暦15日は二十八宿で「何事をするにも吉」とされる鬼宿日
に当たったことから11月15日に行われるようになった。
今日では11月15日にこだわらずに
10月から11月の間に行われるようになっている。
 

●きものの日
全日本きもの振興会が、1966(昭和41)年の設立の時に制定。
七五三の日に、家族そろって着物で出かけてほしいとの願いから。
 

●こんぶの日
七五三の日に子供達に昆布を食べて丈夫になってもらおうと、
日本昆布協会が1982(昭和57)年に制定。
 

●かまぼこの日
全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会が1983(昭和58)年に制定。
かまぼこが初めて文献に登場したのが1115(永久3)年の
祝宴の膳の図に描かれていたものとされており、
この年の数字の並びから11月15日を記念日とした。
 

●生コンクリート記念日
全国生コンクリート工業組合連合会が制定。
1949年のこの日、生コンクリート(生コン)が日本で初めて
市場に出荷された。
それまでは、工事現場でセメントなどの材料を混ぜて
コンクリートを作る方法しかなかったが、
工場で混ぜた生コンの状態で現場へ運ぶことにより、
現場での作業負担が大幅に軽減された。
 

●のど飴の日
カンロ株式会社が2011年に制定。
「い(1)い(1)ひと(1)こ(5)え」(いい一声)の語呂合せ。

 

●いい遺言の日
りそな銀行が2006(平成18)年11月に制定。
「い(1)い(1)い(1)ごん(5)」の語呂合せ。
あわせて、この日から11月22日(いい夫婦の日)までの1週間を
「夫婦の遺言週間」とした。


Top