【なますと酢の物は同じもの?】

【なますと酢の物は同じもの?】 

 

なます

なますは膾または鱠と書きます。
月(にくづき)の膾は、肉
魚(さかなへん)の鱠は、魚、
會は混ぜ合わせる、という意味です。
 

これは、新鮮な肉や魚を細かく切って混ぜて、主に酢で調味した料理の事です。
 

もともとは、生肉(なましし)で、

 

なましし⇒なます となったようです。
 

江戸の後期になると。なますは生酢、

つまり生の食材を酢で調味した料理全般を指すようになり、

現代では酢の物と呼ぶほうが多いようです。
 

「なますにたたく」は、人をなます状態にする、
つまり、ひどい目に合わせる という意味もあるので、

この名が嫌われるのかもしれません。
 

魚肉が入ると鱠、野菜類を材料にしたものを

膾と書いて使い分けることもあります。
 

【産直の庭】池田


Top