11/27 今日は何の日?

11/27 今日は何の日?

11/27

11月27日は「ノーベル賞制定記念日」
スウェーデンの化学者であるアルフレッド・ノーベルの
「私の発明したダイナマイトで得た富を人類に貢献した人に与えたい」
との遺言に従って1895年11月27日に創設されたことにちなむ。
 

11月27日は「ノーベル賞制定記念日」。
1895年に創設され、1901年から始まった世界的な賞。
ノーベルはダイナマイトなどの爆薬の開発・生産で巨万の富を築きましたが、
死後にその資産の94%を「人類のために最大たる貢献をした人々」
のための賞設立に残しました。
 

そのきっかけは、
フランスのある新聞がノーベルの兄の死去を彼の死と間違えて
「死の商人、死す」の見出しとともに報道し、
死後の自分がどのように記憶されるかを考えたことからだと言われています。
ノーベル賞の賞金額は1,000万スウェーデン・クローナ(約1億円)。
選考は秘密裏に行われ、その過程は受賞の50年後に公表されます。
これまでの受賞者の最年長は90歳(レオニード・ハーヴィッツ)、
最年少は25歳(ローレンス・ブラッグ)、
最短は約半年後(バラク・オバマ)、
最長は約55年後(ペイトン・ラウス)。
 

11月27日は「いい鮒の日」
茨城県の古河鮒甘露煮組合が制定。
日付は『い(1)い(1)ふ(2)な(7)』の語呂合わせから。
 

●更生保護記念日
1952(昭和27)年のこの日に東京・日比谷で更生保護大会
が開かれたことを記念し、「司法保護記念日」(9月13日)と
「少年保護デー」(4月17日)を統合して制定。
刑務所から出所してきた人たちに更正の道を開くことを目的としている。
 

●ノーベル賞制定記念日
1895年のこの日、スウェーデンの化学者ノーベルが、
自らの発明したダイナマイトで得た富を人類に貢献した人に
与えたいという遺言を書いた。
ノーベルの死後、ノーベル財団が設立され、
1901年にノーベル賞の第1回受賞式が行われた。
ノーベルの遺産を元にした基金168万ポンドの利子が、
物理学・化学・生理学医学・文学・平和事業の5分野に貢献した人に贈られている。
1969(昭和44)年に経済学賞が追加された。
毎年ノーベルの命日の12月10日に、
平和賞はオスロで、その他の賞はストックホルムで授賞式が行われる。
 

 


Top