【ゆがく】【湯通し】(ゆどおし)【ゆでこぼす】

【ゆがく】【湯通し】(ゆどおし)【ゆでこぼす】

この違い、わかりますか?
 ゆがく

 

まず、【ゆでる】と【ゆがく】の違いから説明しますね。
 

【ゆでる】は、熱湯で煮ること全体を指します。
それに対して
【ゆがく】は、短時間でさっとゆであげることです。
 

「ゆであげる」

(熱が中まで通るようにすっかりゆでる)

ということばはあっても、
「ゆがきあげる」というのはありません。
 

 

ゆがくとは、調理の完成ではなく、

下ごしらえなど調理途中の作業を指していて、
比較的短時間ゆでたり、熱湯にひたす場合です。
 

【湯通し】は、
湯に材料をくぐらせることです。
 

材料やそのあとの調理法によって

湯の温度や時間は多少違ってきますが、短時間の場合をいいます。
 

「ゆがく」が野菜の下ごしらえのときに使うのに対して、

肉や魚介類に使うことが多いですね。
 

表面の殺菌のほか、たんぱく質を変化させて、

口当たりをよくするなどの目的があります。
 

また、めん類などをざるに入れて

湯で温めたりするのみ湯通しといいます。
 

【ゆでこぼす】は、
材料をゆでて、そのゆで汁を捨てることです。
 

アク抜きやぬめりをとるために行います。
ふきこぼれるまで煮ることではありませんよ(笑)
 

これは、小豆の渋きりや

里いもの下ゆでなどには、この方法を使います。
 

 

【産直の庭】池田

 

 


Top