12/14 今日は何の日?

12/14 今日は何の日?

 

12/14

 

12月14日は「討ち入りの日」
1702年12月14日は赤穂浪士による吉良邸討ち入りの日。
江戸・本所松坂町にあった吉良邸の一部は現在松坂公園となり、
毎年この日は元禄市でにぎわう。午前中は義士祭、午後は吉良祭が行われる。
 

12月14日は「討ち入りの日」。
元禄赤穂事件は人形浄瑠璃と歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』
で知られています。ちなみに、赤穂浪士47名は吉良屋敷への
討ち入り前夜にそば屋桶屋十兵衛(うどん屋久兵衛)の二階に勢揃いし、
縁起をかついで「手打ち」そばやうどんを食べたといわれています。
 

12月14日は「南極の日」
1911年にノルウェーの探検家であるアムンゼンと4人の隊員が南極点に到達した日。
 

地球の最南端に位置しする極寒の土地「南極」。
南極大陸の大部分は厚い氷に覆われ、面積は約1400万キロメートルで、
オーストラリア大陸の2倍ほどあります。
 

日本が南極で観測を始めたのは1957年(昭和32年)で、
気象庁は第1次観測隊より昭和基地を中心とする気象観測に
参加しています。当初は地上気象観測のみを行っていましたが、
その後、徐々に観測要素を増やし、毎年越冬隊員を派遣して
通年での気象観測を行っています。
 

●四十七士討ち入りの日,忠臣蔵の日
1702(元禄15)年のこの日、赤穂浪士47人が本所の吉良邸に討ち入りし、
主君の仇討ちを成し遂げた。
1701(元禄14)年3月、江戸城松之廊下で
播磨赤穂藩主・浅野内匠頭長矩が、
幕府の礼式を司る高家筆頭の吉良上野介義央に小刀で
切りかかるという事件が起った。
 

浅野には即日切腹、領地没収という厳しい処置がとられたが、
吉良には一切のお咎めがなく、これが事件の発端となった。
家臣たちは主君の仇を討つ為に綿密に計画を練り、
翌年12月14日寅の上刻(現在の暦法では15日午前3時ごろとなるが、
当時は日の出の時間に日附が変わっていたので14日となる)、
大石内蔵助の率いる47人が、本所の堀部安兵衛宅に集まり、
そこから吉良邸へ討ち入った。
 

2時間の戦いの末、浪士側は一人の死者を出さずに
吉良の首を取ることができた。
世論は武士の本懐を遂げた赤穂浪士たちに味方し、
幕府は翌年2月4日、一同切腹という処置をとった。
この事件を題材として、歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』等
100種にも登る作品が作られ、
現在まで語り継がれている。
 

●南極の日
1911(明治44)年のこの日、
ノルウェーの探検家・アムンゼンと4人の隊員が
人類で初めて南極点に到達した。
 

 


Top