12/16 今日は何の日?

12/16 今日は何の日?

 

12/16

 

12月16日は「電話の日」
1890年12月16日、日本で初めて電話が開通したことに由来する。
開通したのは東京・横浜間で、東京で設置された電話はわずか115台、
電話交換業務を9名の交換手で対応したという。
 

12月16日は「電話の日」。
当時の電話は「交換手」を通して繋がる仕組みで、
相手先の番号を交換手に伝え、交換手が相手先に確認、
その後通話がスタートするというもの。
しかし、1923年の関東大震災によ
り電話網は大ダメージを受け、この復旧をきっかけに
「交換機の自動化」が打ち出され、
相手に直接繋がる現在の形へと近づいていきました。
 

ちなみに、当時の電話料金は定額料金で東京が40円、
横浜35円。当時の値段を現在の貨幣価値に換算すると
40円は何と12万円に相当します。
 

12月16日は「紙の記念日」
1875年に実業家の渋沢栄一の提唱で設立された
東京王子の「抄紙会社」の工場の
開業式が行われたのを記念して制定。
東京都の王子周辺には多くの製紙関連会社が
作られ洋紙発祥の地となっている。
 

●電話創業の日
1890(明治23)年のこの日、
東京市内と横浜市内の間で日本初の電話事業が開始した。
加入電話は東京155台・横浜44台で、女子7人・夜間専門の
男子2人の交換手が対応した。
 

●紙の記念日
1875(明治8)年のこの日、
東京・王子の抄紙会社の工場で営業運転を開始した。
抄紙会社は実業家・澁澤榮一が大蔵省紙幣寮から
民間企業として独立させたもので、王子製紙の前身となった。
 

 

 


Top