【ぶつ切り】(ぶつぎり)

【ぶつ切り】(ぶつぎり)

ぶつ切り
なんか物騒な響きですね…
 

材料をぶつりぶつりと切ることからこう呼ばれています。
他の切り方とは違い、

あまり形や大きさを気にする必要はありません。 

野菜では、ネギ、ごぼうなどを切る時に使います。
魚介や肉類に使うことも多い切り方で、

山かけ用の鮪(まぐろ)を切ったり、

魚を骨ごと輪切り【筒切り】(つつぎり)

にするときなどに使われます。
 

料理のレシピなどで、

たいていの場合は「ひと口大のぶつ切りにします」というふうに、

大きさの目やすが書かれていますので、

大きさの参考になりますね。
 

【産直の庭】池田

 


Top