【かつらむき】

【かつらむき】

(これが出来れば料理人!)
 

かつらむき

 

和食の料理人の修行は、

だいこんのかつら向きから始まるとか。
 

これは、だいこんを5~6cm輪切りにした後、

丸みにそって包丁を上下に動かしながら、
ごくごく薄くむくことです。
 

途中で切れることなく、

かつ、紙のように薄く均一に

むけるようでなければ、だめです。
 

だいこんの他に、

ニンジンやうどなどにも使う手法です。
 

これができるようになれば、

切る技術は、かなり上達したろ自信を持ってよいでしょう。
 

かつらむきの名は、

能のときに頭髪に飾る花(かつら)の上に巻く細い布に

似ているからなどの諸説があります。
 

有力なのは、桂女説。(かつらめせつ)
桂女は、平安から室町のころ、

ぐるぐると布を巻きつけた頭の上に、

魚などが入った桶をのせて行商をしていた女性たちです。
 

薄くむいただいこんを、

この桂女の布に見立てて

【かつらむき】という言葉が生まれたといわれています。
 

 

【産直の庭】池田

 


Top