12/25 今日は何の日?

12/25 今日は何の日?

 

12/25

12月25日は「クリスマス」
イエス・キリストの降誕を祝う祭で、
「キリスト(Christ)のミサ(mass)」に由来する。
紀元40年頃から行われるようになったといわれ、
プレゼントの交換などをして喜びを分かち合う。
 

12月25日は「クリスマス」。
イエスの誕生日に関する正確な日付は分からないが、
4世紀頃に12月25日に祝われる文化が確立したと言われています。
イギリスではサンタクロースがプレゼントを持って来る日で、
アメリカと日本はイギリス流を受け継いでおり、
カトリックの影響が強いイタリア、フランスなどでは
1月6日にプレゼントが贈られるようです。
日本で初めてのクリスマスは戦国時代の1552年に
現在の山口県山口市において宣教師コスメ・デ・トーレスたち
が行った降誕祭のミサであるとされています。
 

12月25日は「スケートの日」
日本スケート場協会が1982年に制定。1861年12月25日、
函館に滞在していたイギリスの探検家
トーマス・ライト・ブラキストンが、
日本で初めてスケートをした。
 

●クリスマス
イエス・キリストの降誕を記念する日。
イエスがこの日に生まれたという確証はなく、
各宗派がそれぞれに日付を定めてイエスの生誕を祝っていたが、
4世紀前半、教皇ユリウス1世が「イエスの生誕の日は12月25日」
と定めた。
冬至の時期であるこの日前後には異教の祭が重なっており、
キリスト教側が布教拡大を狙ってこの日をイエス生誕の日
としたものと見られている。
日本では1874年に最初のクリスマスパーティーが開かれ、
現在では宗教を越えた年末の国民行事となっている。
 

●昭和改元の日
1926(大正15・昭和元)年のこの日、
大正天皇が崩御し、皇太子であった裕仁親王が践祚した。
東京日日新聞(現在の毎日新聞)は、
早くから「新しい元号は『光文』になるらしい」
という情報を得ていたため、
政府の公式発表の前に「元号は『光文』に決定」と報じた。
しかし政府は元号を「昭和」と発表したため、
この「大特ダネ」は「大誤報」となってしまい、
編輯主幹の木戸元亮は責任をとって辞任した。
「光文」は新元号の候補の中にあったが、
政府内では既に「昭和」に決定していた。
しかし、東京日日新聞の報道から
政府の公式発表までの時間があまりに短かったことから、
「元々『光文』に決定していたものが、
新聞で先に報道されてしまったため『昭和』に急遽変更した」
という噂が生まれた。
 

●スケートの日
日本スケート場協会が1982(昭和57)年に制定。
1861(文久元)年のこの日、函館に滞在していた
イギリスの探検家トーマス・ライト・ブラキストンが、
日本で初めてスケートをした。
これとは別に、1792(寛政4)年にロシアの使節ラクスマン一行が
根室で一冬を過ごした時に、
結氷した根室湾内で滑ったのが日本初であるとする説もある。

 


Top