【蛇腹切り】じゃばらぎり

【蛇腹切り】じゃばらぎり

蛇腹切り

ぐにゃりぐにゃりと、まるで蛇のようです!
 

 

ほとんどの場合、きゅうりにもちいる

切り方です。
 

包丁で直径の半分くらいまで、

斜めに細かく切れ目を入れて、

ひっくり返して、

反対側も同じようjに切れ目をいれます。
 

 

 

わりばし2膳分を輪ゴムで縛ってだいにすると、

安定して切り離してしまう心配がないほか、

切れ目の深さの目安になります。

 

 

蛇腹切り

塩水にしばらくつけて、適当な長さに切った後

軽くねじって、中の色を見せます。
 

そのまま、あしらいに利用したり、

酢の物などにします。
 

 

蛇腹に切ることによって、

味がしみこみやすくなります。
 

 

【蛇の目】という切り方もあります。

これはきゅりの中心を芯抜きでとって

小口(端)から切り、太い輪の形にします。
 

【産直の庭】池田

 

 


Top