【茶筅】ちゃせん

【茶筅】ちゃせん

茶筅

ぷちなすがグレードアップ!!! 
 

茶筅とは、抹茶を建てるときに使う、

竹のミニ泡だて器みたいなあれです。
 

 

この道具に見立てての飾り切りです。
 

これを【茶筅に切る】といいます。
 

 

主に小さめのナスに使われることが多く、

この形に切って調理したナスを茶筅ナスといいます。 

 

ナスのヘタは、ひらひらした部分を除いて、

周囲に包丁目をいれます。
 

具体的には、上下を少し残して、

縦に等間隔に、ぐるりと切り込みをいれます。
 

ナスの大きさにもよりますが、

だいたい8~10本くらいでしょうね。
 

 

その後、煮物や揚げ物にしましょう。
 

 

盛り付けの時は、

チョット上のひねりながら

器に押し付ける感じで、盛りつけると、

切り込みが開いて美しくなりますよ!
 

 

 

【産直の庭】池田


Top