12/31 今日は何の日?

12/31 今日は何の日?

 

12月31日は「大晦日」
一年の締めくくりの日。1月から11月までの月末は晦日というが、
12月だけは大晦日という。かつては暮れの支払日となっていた。
 

12月31日は「大晦日」。
「晦日(みそか)」はもともと「みそか(三十日)」と書き、
「月の三十日目」を意味していましたが次第に月末を表すようになりました。
ここから年内で最後の晦日を「大晦日」と言うようになり、
新年に年神様(正月様)を迎えるための行事として定着しました。
また、年神様は神道に伝わる稲の神で、稲の実りをもたらす神とされています。
 

そばを大晦日に食べる風習は、
江戸の中期から始まったといわれています。
由来についてはそばは細く長く伸びることから、
長寿や運気が長く続くようにという縁起を担いでいたり、
そばが切れやすいという性質を持っていることから、
旧年の悪い縁や災いを切るという説など、多くの説があります。
 

●大晦日(おおみそか),大晦(おつごもり)
1年の終りの日。
月末のことを晦日・晦と言い、
年末の最後の晦日なので大晦日・大晦という。
「みそか」は三十日の意、「つごもり」は月篭りが転じたもので、
旧暦では毎月1日が新月であり、その前日を「つごもり」と呼んだ。
 

●除夜
大晦日の夜のこと。かつては一年の神「歳神」を迎えるために
朝まで眠らずに過ごす習慣があった。
除夜には各家庭で年越し蕎麦が食べられ、
寺では除夜の鐘が撞かれる。
除夜の鐘は108回撞かれる。
眼・耳・鼻・舌・身・意の六根のそれぞれに苦楽・不苦・不楽があって18類、
この18類それぞれに浄・染があって36類、
この36類を前世・今世・来世の三世に配当して108となり、
これは人間の煩悩の数を表すとされている。
また、月の数12、二十四節気の数24、
七十二候の数72を足した数が108となり、
1年間を表しているとの説もある。
 

●ニューイヤーズ・イヴ
1年の終わりの日は、新しい年が明ける前日でもある。
 

●シンデレラデー
夜の12時までに帰らなければならないシンデレラのように、
1年で一番夜の時間が気になる日であることから。

●大祓(おおはらえ)
大祓は罪穢れを祓い清める神事で、6月と12月の末日に行われる。
 

 


Top