1/11 今日は何の日?

1/11 今日は何の日?

 

1/11

 

1月11日は「鏡開き」
正月に「年神様」に供えた鏡餅を食べる行事。
年神様がいる1月7日までを「松の内」といい
(地方により異なる)、
明けた11日に鏡開きを行うのが一般的である。
 

1月11日は「鏡開き」。
鏡開きとは、お正月の間に飾っていた鏡餅を
お汁粉やお雑煮にして食べる行事で、
正月に区切りを付ける意味もあり、
かつてはこの日が仕事始めとされていました。
鏡餅は年神様の依り代で、
神様の魂が宿った餅を食べることで、
その力を分けてもらうという意味があります。
 

1月11日は「蔵開き」
商売をする家では、
新年初めて蔵を開き、商売繁盛を祈る行事をこの日に行う。
鏡開きのように鏡餅を割って食べる。
 

●鏡開き
正月に年神様に供えた鏡餅を雑煮や汁粉にして食べ、
一家の円満を願う行事。
武家社会の風習だったものが一般化した。
刃物で切るのは切腹を連想させるため、
手や木鎚で割ったり、砕いたりする。
また、「切る」という言葉をさけて、
「開く」という縁起の良い言葉を使っている。
地方によって日が違い、京都では4日に、ほかに20日に行う地方もある。
 

●蔵開き
商売をする家で、新年初めて蔵を開き、商売繁盛を祈る。
 

●樽酒の日
奈良県の長龍酒造が2009年に制定。
この日は鏡餅を開く「鏡開き」の日であるが、
樽酒の蓋を割って開けることも「鏡開き」ということから。
 

●塩の日
1569(永禄11)年、武田信玄と交戦中の上杉謙信が、
武田方の領民が今川氏によって塩を絶たれていることを知り、
この日、越後の塩を送ったとされている。
この話が、「敵に塩を送る」という言葉のもととなった。
 

 


Top