1/14 今日は何の日?

1/14 今日は何の日?

 

1/14

1月14日は「愛と希望と勇気の日」
1959年1月14日に南極に1年間置き去りにされた
南極観測隊の2匹のカラフト犬「タロ」と「ジロ」
の生存が確認されたことに由来する。
「タロとジロの日」とも呼ばれる。
 

1月14日は「愛と希望と勇気の日」。
1956年に第1次南極観測隊が犬ぞり隊と共に
南極観測船「宗谷」に乗って東京湾を出発。
1858年に第2次越冬隊を乗せた宗谷が南極付近に到着するも、
厚い氷にはばまれて基地到達を断念します。
この時、越冬隊員はヘリコプターで救出されたが、
犬たちは救出することができませんでした。
 

その翌年の1959年の今日、
南極観測船「宗谷」の一行が昭和基地に着いたとき、
不本意ながら置き去りにしたカラフト犬・タロとジロの生存を確認。
この二頭の生存報告は世界を愛と希望と勇気の感動で包みました。
彼らの勇気をたたえ、
生きることへの希望と愛することの大切さを忘れないためにと
「愛と希望と勇気の日」が制定されました。
 

1月14日は「松納」
まつおさめと読み、正月の門松や松飾りを取り払う日。
土地によって14日の所もあるが、
普通には七日に取る所が多い。
元旦から松納めまでを松の内、
松納めの後を松過ぎという。
 

●左義長,どんと焼き,どんどん焼き
正月に飾った正月飾りや書き初め等を燃やす。
8日や10日に行う地方もある。
 

●飾納,松納
正月飾りや門松を取り外す日。
 

●十四日年越し
小正月の前日に当るため、
昔は年越しの日として祝っていた。
 

●タロとジロの日,愛と希望と勇気の日
1959(昭和34)年のこの日、
南極に置き去りにされた南極観測隊の2匹のカラフト犬・
タロとジロの生存が確認された。
1956(昭和31)年の秋、南極観測船「宗谷」で
11人の隊員が東京港を出発。
15頭のカラフト犬も犬ぞり隊として参加した。
 

1958(昭和33)年、第2次越冬隊を送り込む為再び「宗谷」は
南極に向かったが、厚い氷にはばまれて断念。
11人の越冬隊員はヘリコプターで救出されたが、
15頭のカラフト犬は救出することができず、
鎖につないだまま氷原に置き去りにされた。
翌1959(昭和34)年のこの日、ヘリコプターが2頭の生存を確認した。
南極から打電されたこのニュースは、
世界を愛と希望と勇気の感動で包んだ。
ジロは南極で死亡したが、
タロは5年後に日本に生還して北海道で余生を過ごした。
 

●尖閣諸島開拓の日
沖縄県石垣市が2010(平成22)年12月に制定。
1895(明治28)年のこの日、
日本政府が尖閣諸島を日本領に編入する閣議決定を行った。

 


Top