【みりん】

もう一つの甘味!【みりん】

みりん

甘味をつける調味料としては、砂糖のほかに、

みりんがあります。
 

みりんの甘味は、砂糖の半分程度。 
 

ほのかで上品な甘になります。
 

本みりんは、もち米と米麹に焼酎を加え、

20~60日間熟成させたものです。
 

アルコール分は14%が標準です。
 

よく、混同されるみりん風味の調味料は、
アルコール分が1%未満で、
ブドウ糖や水あめなどの醸造用糖類や塩、
米、調味料などを配合したものです。
 

原料や製法が全く違うだけではなく、

塩味がつくことがあるので、注意して下さいね!
 

みりんは、甘味と照りを出すだけでなく、
材料の生臭さを消したり、
タンパク質の凝固を進めることから、
煮くずれを防ぐなどの働きをします。
 

魚を煮るときに加えると、
煮くずれしないで、きれいに仕上がります。
 

甘味や焼き物の仕上げの照りだけなら、
みりん風調味料でもよいかもしれませんが、
風味の深みは本みりんには
かないませんね。
 

 

【産直の庭】池田


Top