1/26 今日は何の日?

1/26 今日は何の日?

1月26日は「文化財防火デー」
1949年1月26日、法隆寺の金堂が炎上し、
白鳳時代に描かれた十二面壁画などが
焼損するという事件が起こった。
反省の意味も込め、
各地の文化財を火から守る日として1955年に制定された。
 

1月26日は「文化財防火デー」。
契機となった法隆寺の火災は、
作業員が保温用に使っていた
電気座布団のスイッチの切り忘れたことが
原因であったこともあり、
火災や災害から文化財を保護する
という社会的気運が高まり、
翌昭和25年に文化財保護法が制定されたと言われています。
しかし、この火災の二日前には
法隆寺に居住する某婦人のもとに
毒を入れた菓子が届けられたこともあり、
内紛による放火説もささやかれたそうです。
 

1月26日は「コラーゲンの日」
1960年、日本皮革研究所の研究員であった
西原富雄博士が「水に溶けないタンパク質」
であるコラーゲンの可溶化に成功した。
これにちなんで、ニッピコラーゲン化粧品が
「コラーゲンの日」を制定。
 

●文化財防火デー
1949年のこの日、日本最古の壁画が描かれた奈良の法隆寺金堂が
火災により焼損した。
これをきっかけに、文化財を火災や震災から守るとともに、
文化財愛護思想の普及高揚を図る目的で、
1955(昭和30)年に文化庁と消防庁が制定した。
各地で文化財の防火訓練が行われる。
 

●有料駐車場の日,パーキングメーターの日
1959年のこの日、
東京都が日比谷と丸の内に日本の公共駐車場
初のパーキングメーターを設置した。
料金は15分単位で10円だった。
 

●帝銀事件の日
1948年のこの日、東京・豊島の帝国銀行椎名町支店で
行員16人を毒殺して現金などを奪った「帝銀事件」が起こった。
同年に容疑者が逮捕され、後に死刑が確定したが、
審理に不審な点が多く、冤罪事件とみられている。
この日、東京都の衛生課員と名乗る男が、
「近くで赤痢が発生したので予防薬を飲んでもらう」と
偽り行員16人に青酸化合物を飲ませて殺害し、
現金16万円と小切手を奪って逃走した。
当初は青酸化合物の扱いに熟知した
旧陸軍細菌部隊関係者を中心に捜査されていたが、
その年の8月に画家・平沢貞通を北海道小樽で逮捕、
1955(昭和30)年8月に死刑が確定した。
しかし、審理に不審な点が多く、
冤罪であるとしてその後何度も再審請求が出された。
平沢貞通は刑を執行されないまま1987(昭和62)年に獄中で病死したが、
現在でも支援者が名誉回復の為の再審請求を続けている。
この事件にもとに、横溝正史の『悪魔が来たりて笛を吹く』等
多くの推理小説が書かれた。
 

●コラーゲンの日
1960年のこの日、
日本皮革(現 ニッピ)の研究員・西原富雄が
コラーゲンの可溶化に成功し、特許を出願した。
可溶化によって食品などへのコラーゲンの利用が容易になった。
 

●携帯アプリの日
2001年のこの日、
NTTドコモが携帯アプリケーション「iアプリ」のサービスを開始した。
 

 


Top