酢の働きはいろいろ見直したいものです…

酢の働きはいろいろ見直したいものです…

酢

酢の働きはいろいろ見直したいものです…
 

酢は、定義上3~5%の酢酸を含む
酸味のある調味料ですが、
原料によって、
酸味の加減や風味はずいぶん違います。
 

原料は、その地の酒の原料と
同じことが多いものとされています。
 

日本は米や小麦などの穀物が
原料の穀物酢が基本なのに対し、
フランスはブドウ酢やリンゴ酢
ドイツは麦芽酢などがあります。
 

酢には酸味をつけるだけでなく、
以下のような働きがあります。
 

●塩味を丸くする。
●臭みを消す。
●色をきれいにしたり、褐色に変色するのを止める。
●肉を柔らかくする。
●防腐・殺菌効果で、保存性を高める。
 

また、健康の上でも酢の効用はいろいろあります。
酸味が食欲を促したり、
疲れを回復させるのは、
体験的に感じたこともあるはず…
そして科学的にも実証されています。
 

減塩を心がけている方も多いはず、
そんな時は、やっぱり
酸味を上手に使うのがコツ!
 

カルシウムが多い食品を取る時には、
酢と一緒だと吸収が
いいことがわかっています。
 

日本人は、塩に比べて酢の利用が
あまり上手ではないとも言われています。
 

多様な酢が出回っているようになったので、
もっと用途によって使い分けてみては?
 

料理の幅を広げていきましょうね!
 

【産直の庭】池田

 


Top