2/4 今日は何の日?

2/4 今日は何の日?

2/4

2月4日は「立春」
二十四節気のひとつ。
暦上で春の始まりをを意味し、
この日から雨水の前日までの期間を立春ということもある。
春の気が立つとして「立春」とされる。
 

2月4日は「立春」。
この日が寒さの頂点となり、
翌日からの寒さを『残寒』または『余寒』といい、
手紙や文書などの時候の挨拶にも用いられます。
旧暦では立春を二十四節気の始まりの節としており、
旧暦の正月がちょうど立春と近いことから、
春を迎え年を改める意味合いがあり、
現在でも正月に「迎春」「新春」
などの挨拶が交わされるのはこのためです。
 

2月4日は「ぷよの日」
「ぷよぷよ」(「ぷ(2)よ(4)」)の語呂合わせから、
株式会社セガが制定。
ぷよの日にはプレゼントキャンペーンや生放送、
新作関連商品の展開など、
毎年「ぷよの日キャンペーン」が行われる。
 

「ぷよぷよ」は株式会社コンパイルが1991年に発売した
落ち物パズルゲームで、
今年でぷよぷよ誕生から26周年となります。
ちなみに、ぷよの日が記念日に登録されたのも「2004年」、
プレステ2用ソフトの発売日は「2月4日」、
ドリームキャスト用ソフトの発売日は「2月24日」と、
「ぷよ(24)」に徹底したこだわりがあるようです。
 

●世界対がんデー(World Cancer Day)
2000年の「対がん同盟結成を呼びかけるパリ憲章」
に基づき、国際対がん連合(UICC)が2002年から実施。
 

●ビートルズの日
ビートルズの愛称「Fab.4」を、
2月4日の「Feb.4」にかけたもの。
 

●西の日
「に(2)し(4)」の語呂合せ。
この日に西の方へ向かうと、
幸運に巡会えるとされている。
 

●ぷよの日
2003年12月、セガが同社のゲームソフト
「ぷよぷよ」のPRの為に制定。
「ぷ(2)よ(4)」の語呂合せ。
かつては「ぷよぷよ」の開発元である
コンパイルが毎月24日を「ぷよの日」としていた。
 

 


Top