2/11 今日は何の日?

2/11 今日は何の日?

 

2/11

2月11日は「建国記念の日」
1967年から実施されている国民の祝日のひとつ。
かつては紀元節として奉祝されてきたが、
戦後は廃止されていたなどの経緯もあり、
名称は「建国記念日」ではなく、
あくまでも「建国記念の日」である。
 

2月11日は「建国記念の日」。
「建国記念の日」は、
「建国をしのび、国を愛する心を養う日」
として、1966年に定められました。
この2月11日という日付は、
初代天皇とされる神武天皇の即位日である
旧暦の紀元前660年1月1日にあたり、
明治に入って新暦に換算した日付という
理由からきています。
 

ちなみに、「記念日」ではなく
「記念“の”日」であるのは、
神武天皇の記述が神話上のものであるとされるため、
建国の由来とするよりは
「建国されたという事象そのものを記念する日」
とするほうが自然であるという理由から
「記念日」ではなく「記念の日」となりました。
 

2月11日は「干支供養の日」
一年間大切に飾られ、
厄を払ってくれた干支置物に感謝し、
また元の土に還す日をと株式会社中外陶園が制定。
日付は立春明けの2月の最初の土の日として、
漢字の土は十と一で出来ていることから11日に。
 

●建国記念の日(National Foundation Day)
建国をしのび、国を愛する心を養う国民の祝日。
1966(昭和41)年から国民の祝日になった。
この日はかつて「紀元節」という祝日だったが、
戦後になってこの祝日は廃止された。
1951(昭和26)年頃から復活の動きが見られ、
1957(昭和32)年以降9回の議案提出・廃案を経て、
1966(昭和41)年に、日附は政令で定めるものとして
国民の祝日に追加された。
建国記念の日の日附については
内閣の建国記念日審議会でも揉めたが、
10人の委員のうち7人の賛成により、
2月11日にするとの答申が1966(昭和41)年12月8日に提出され、
翌日政令が公布された。
「建国記念日」ではなく「記念の日」なのは、
建国された日とは関係なく、
単に建国されたということを記念する日である
という考えによるものである。
 

●文化勲章制定記念日
1937(昭和11)年のこの日、文化勲章令が定められ、
文化の発展に優れた業績をあげた
各界の人に文化勲章が贈られることになった。
 

●万歳三唱の日
1889(明治22)年のこの日、
帝国憲法発布の記念式典で、初めて万歳三唱が行われた。
 

●干支供養の日
干支置物等を製作している陶磁器メーカー
中外陶園が制定。
立春の直後で、十と一を組み合わせると「土」になることから。
一年間大切に飾られ厄を払ってくれた
干支置物に感謝し、元の土に還す日。
 

●仁丹の日
携帯用口中清涼剤「仁丹」を製造販売している森下仁丹が制定。
1893(明治26)年の同社の創業日と、
1905(明治38)年の「仁丹」の発売日から。
 

 


Top