2/13 今日は何の日?

2/13 今日は何の日?

2/13

2月13日は「名字の日」
1875年、明治政府が平民苗字必称義務令
という太政官布告を出し、
全国民に姓を名乗ることを義務づけた。
1870年には姓を名乗ることが許可されたが、
読み書きの不得手な人が多く姓をつける人が増えなかった。
 

2月13日は「名字の日」。
日本人の名字はおよそ30万種類あるといわれており、
こりはもちろん世界一の多さとなります。
 

日本で最も多い名字は「佐藤」であることは有名ですね。
これは日本の全人口の1.5%にあたるといわれています。
さらに、6位には「伊藤」、
10位には「加藤」が入っており、
「斎藤」「後藤」「近藤」などもポピュラーな名字で、
周りにもこれらの名字の人がいるかと思います。
これらの名字には全て「藤」が入っていますが、
「藤」が入っている名字は基本的には藤原氏の子孫なんです。
ただし、藤原氏は平安時代に全盛を誇ったため、
貴族の大半が藤原氏という状態になっていました。
この状態ではどこの藤原氏であるかの判別が難しいため、
それぞれの居住地をもって苗字としたため、
いろんな「○藤さん」が生まれたんですね。

 

2月13日は「世界てんかんの日」
てんかんの正しい知識を広めるのを目的に
日本てんかん協会が制定。
日付は聖ヴァレンタインがてんかんの人々を救った聖人
として称えられていることにちなみ、
バレンタインデー直前の月曜日とした。
 

 

●苗字制定記念日
1875(明治8)年のこの日、
明治政府が「平民苗字必称義務令」という
太政官布告を出し、すべての国民に姓を名乗ることを義務附けた。
江戸時代、苗字を使っていたのは貴族と武士だけだったが、
1870(明治3)年9月19日に出された「平民苗字許可令」により、
平民も苗字を持つことが許された。
しかし、当時国民は明治新政府を信用しておらず、
苗字を附けたらそれだけ税金を課せられるのではないかと警戒し、
なかなか苗字を名乗ろうとしなかった。
そこで明治政府は、1874(明治7)年の佐賀の乱を
力で鎮圧するなど強権政府であることを誇示した上で、
この年苗字の義務化を断行した。
 

●NISAの日
確定拠出年金教育協会が2013年に、
翌2014年から開始される少額投資非課税制度(NISA)のPRのために制定。
「ニーサ(213)」の語呂合せ。
 

●地方公務員法施行記念日
1951(昭和26)年のこの日、
「地方公務員法」が施行された。
 

 


Top