魚が語源の慣用句は?

魚が語源の慣用句は?

 

ごり押し

 

魚には、いろんな呼び方がありますよね?

サカナ

ウオ

トト

サコ…などなど
 

 

同じ魚でも、地方によって呼び方が

違うこともあります。
 

 

魚が日本人にいかに親しい食材であったからではないでしょうか。
 

 

 

実は【ゴリ押し】のゴリや

【ニベもない】のニベも魚の名前なんです。
 

ゴリは鮴と書いて、淡水にすむ小魚のこと。

水底の石の間にじっとしているこの魚を

無理やり捕る方法を「鮴押し」といって、

ゴリ押しはそこから来たことばだといわれています。

ごり 

 

また、ニベは鮸と書きます。

昔はその浮袋から接着剤のニベカワを製造していたので、

【にべもない】は粘着力が無い事です。

そこから

味もそっけもない

愛想も何もない

などというときに、使われるようになりました。

にべ

 

【とどのつまり】のトドは

出生魚である鯔(ボラ)の最後の名前です。
 

成長するにつれて名前が変わってきます。
 

オボコ

スバシリ

イナ

ボラ

となって

最後にはトドになります。

海獣のトドとは別物になるので「とどのつまり」=「結局」

 

という言葉が生まれたのです。

 

語源って面白いですよね!

 

【産直の庭】池田

 


Top