3/15 今日は何の日?

3/15 今日は何の日?

3/15

 

3月15日は「靴の記念日」
1870年3月15日、東京築地に初めて近代的な靴の工場ができ、
国内で靴の製造が始まったことに由来する。
この時主に造られたのは主に軍靴であったとされている。
 

3月15日は「靴の記念日」。
 

当時の築地は「築地居留地」として知られ、
多くの西洋人が居住しており、
教会やミッションスクールなども並び立つ
文明開化の拠点のひとつでした。
徐々に西洋化する日本では、
この頃から少しずつ靴を履き始める人も出てきていましたが、
一般庶民まで普及したのは大正時代頃であったとされています。
 

この記念日のきっかけとなった靴の工場
「伊勢勝造靴場」は、1870年に千葉県佐倉の藩士である
西村勝三が大村益次郎から奨められて創設しました。
洋服と靴の日常生活が日本人になじむまでには
長い歳月と先人の大きな努力を要しましたが、
「築地居留地」、のちの「日本製靴株式会社」が
生み出したブランド「リーガル」は
今や世界の注目をあつめるまでに発展しました。
 

3月15日は「オリーブの日」
1950年3月15日、昭和天皇が
小豆島を巡幸の際にオリーブの種を
撒かれたことにちなんで、小豆島では記念日を制定。
 

●靴の記念日
日本靴連盟が1932(昭和7)年に制定。
1870(明治3)年のこの日、
西村勝三が、東京・築地入船町に日本初の西洋靴の工場
「伊勢勝造靴場」を開設した。
陸軍の創始者・大村益次郎の提案によるもので、
輸入された軍靴が大きすぎたため、
日本人の足に合う靴を作る為に開設された。
 

●世界消費者権利デー
国際消費者機構の消費者運動の統一行動日で、1983年から実施。
この日、ケネディ米大統領が「消費者には権利がある」
との一般教書を発表した。
消費者の権利確立・拡大に向けて、
世界でさまざまなイベントやキャンペーンが実施されるが、
日本では目立った取り組みはされていない。
 

●万国博デー
1970(昭和45)年のこの日、
前日に開幕式が行われた大阪府吹田市千里丘陵の
「日本万国博覧会(大阪万博)」の一般入場が開始された。
 

●オリーブの日
香川県・小豆島の「オリーブを守る会」が1972(昭和47)年に制定。
1950(昭和25)年のこの日、
昭和天皇が小豆島でオリーブの種をお手撒きされた。
 

*……………………………………………………………………………*
名入れ、刻印もOK!職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】
http://wp.me/p6m5FT-XQ


Top