3/18 今日は何の日?

3/18 今日は何の日?

 

 

3/18

●精霊の日

3月18日は「精霊の日」。精霊は「せいれい」ではなく、
「しょうりょう」と読み、死者の霊魂を意味しています。
この日は、飛鳥時代の歌人・柿本人麻呂、
平安時代の歌人・和泉式部、小野小町の3人
の忌日がこの日だと古くから伝えられていること
にちなんで決められました。

もともと3月18日の前後には
死者の魂を追悼する風習があり、
この日から彼岸入りとして先祖を供養する人が多くなっていきます。

ちなみに精霊(せいれい)は、
もともと目に見えない、妖精や妖怪、
神々や鬼など超自然的な物すべてを指しています。
精霊と聞いて思い浮かべるのは
各種ファンタジー作品の中に出てくるものでしょう。
火の精のサラマンダーや水の精のウンディーネ、
風の精のシルフなどは耳にすることも多いですね。

●点字ブロックの日
1967年3月18日、
視覚障害者の安全な歩行を助ける点字ブロックが
世界で初めて岡山市の岡山県立岡山盲学校に近い交差点に敷設された。
この日を記念し、点字ブロックの安全性の確保
と発展を目指して社会福祉法人・岡山県視覚障害者協会が制定。
ちなみに、点字ブロックは正式には「視覚障害者誘導用ブロック」という。

●精霊の日
柿本人麻呂、和泉式部、小野小町の3人の忌日が
この日であると伝えられていることから。

●点字ブロックの日
岡山県視覚障害者協会が2010年に制定。
1967年のこの日、
岡山県岡山市の岡山盲学校の近くの国道2号
・原尾島交差点に世界初の点字ブロックが敷設された。

●明治村開村記念日
1965(昭和40)年のこの日、愛知県犬山市に博物館明治村が開村した。
博物館明治村は明治の建築物を保存展示する野外博物館である。

*……………………………………………………………………………*
LEDとマイクロカレントで最先端フェイシャル!【ラ・カルメン(La camen)】
http://wp.me/p6m5FT-Wd


Top