魚料理 【筒切り】

魚料理 【筒切り】

筒切り

鯉や鯖、サンマなど、

胴の部分が丸い魚を切る時によく使う切り方です。
 

 

魚の頭の部分を落として、

そこから内臓を取り出して、

きれいに洗ってから、中骨ごと輪切りにします、
 

 

いたってシンプルですね。
 

 

切った実は、腹の部分が空洞になっていて、

まるで筒のように見えるので

このような名前がつきました。
 

 

調理の時に、煮崩れしにくくて、

骨から良い味がでるので、

煮物向きの切り方といえます。
 

 

鯉をみそで煮た鯉こくは、

筒切りの代表ですね。
 

 

「魚がいちばん、鳥はその次

魚の中でも川魚が上。

海の魚は下。

魚の中では鯉がいちばん。

鱸(スズキ)がこれに次ぐ」

【家中竹馬記】
 

 

意外かもしれませんが、中世の日本では、

魚の王様と言えば鯉、鯉はなによりも上等で美味しい魚とされていました。 

 

でも、残念なことに、今では池で泳ぐ鯉の姿を見ることはあっても、

食べる機会はあまりないですよね?

 

【産直の庭】池田

 

 

 


Top