魚料理 【平づくり】 切り重ね

魚料理 【平づくり】 切り重ね

切り重

刺身で一番多く使われる切り方です。
 

まな板にさくどりした身の、
薄いほうを手前に、
厚いほうを奥に置きます。 

包丁の刃元を、
身に対してやや左に傾ける感じで当てて、
刃元から刃先まで全部を使うような気持で、
手前に引きます。
 

そして、切った身を包丁につけたまま、
包丁ごと右へ移します。
 

そのあとは、切ったら身を重ねていく事を
繰り返します。
 

刺身で最もよく使われる切り方で、
【平づくり】や
【切り重ね】
重ねづくり
とも呼びます。
 

【産直の庭】池田


Top