魚料理 【縫い串とのし串】

魚料理 【縫い串とのし串】

のし串

イカなどの、平たくて火を通すと
反り返っちゃうようなものは。
数本の串で縫うように刺していきましょう。
 

これを【縫い串】といいます。
 

身を縫うようにしていきます。
裏側に添えの串を直角にもう一本通して固定するといいですね。
 

海老とかの場合は、尾または、頭の付け根から
腹側に串を一本通します。
これは【のし串】といいます。
そして、まっすぐにしてから焼き上げます。
 

串うちの方法って、たくさんありますよね。
でも、すべてに共通するのは、
盛りつけた時に表になるほうには串を出さ無いようにすることです。
 

日本料理ならではの繊細な心遣いですね。

また、焼き終わった後、そのままにしておくと
串が抜けなくなってしまうことがあります。
 

焼けたら、スグにくるっと回しておいて、
あら熱があるうちに外したほうがいいですね。
 

【産直の庭】池田

 


Top