【南蛮】

【南蛮】

南蛮

16世紀半ばに、ポルトガル人とスペイン人が
交易を求めて日本にやってきました。
 

東南アジア経由で登場したので、
「南方の野蛮人」という中国の呼称を借用して、
彼らを南蛮人と呼びました。
 

そこで、外国から渡来した珍しいものには
【南蛮】とい名をつけました。
 

それまでに、日本になかった調理法(油であげる)や
調味料(特にとうがらし=南蛮がらし)を用いた
異国風の料理にも、
この名前を付けるようになったようです。
 

いまだと、ナンプラーとか、
パクチー(香菜)なんかを使えば、
何でも「エスニック」なんて呼ばれるのと一緒ですね。
 

南蛮酢は、三杯酢に唐辛子や
ネギを加えたもので、
南蛮漬けは、油で揚げた素材を南蛮酢につけた料理。
 

ちなみにお蕎麦屋さんでおなじみの
鴨南蛮は薬味に七味唐辛子をいれるから…
との説もありますが、
大阪でネギの事をなんば(難波)と
呼んだことからついた名前がなまって
南蛮になった
というのが有力の説のようですね。
 

【産直の庭】池田


Top