【割り下】

【割り下】

割り下

割り下は関東風すき焼きの素のことを言います。
 

すき焼きの作り方は、関東と関西や
地方によっても違いますね。
 

【割り下】を使うのが関東風で、
砂糖、しょうゆなどの調味料を直接入れるのが
関西風です。
 

 

割り下は、本来、割り下地といって、
だしに、醤油、みりん、砂糖などの調味料を
混ぜ合わせて、ひと煮立ちさせた汁の事です。
 

他の鍋物にも使いますが、寄せ鍋など
淡泊なものの場合は割り下とはいいませんね。

すき焼きの時は、牛肉は加熱しすぎないように
注意して下さいね。
タンパク質が硬くなってしまいます。
 

脂肪が多く入っていると固くなりにくいので、
赤身より、霜降りの方が美味いというのは
この理由から来ています。
 

関東風でも、関西風でも、最初に
肉やネギを焼いて香ばしさを出しましょう。
 

 

これをしないで、最初から調味料をいれてしまうと
おいしさ半減ですよ!
 

【産直の庭】池田


Top