【油通し】

油通しで材料のうま味を閉じ込めましょう。

油通し

油は料理には欠かせないですよね。
特に中華料理なんかは、油をいかにうまく使うかがコツですね。
 

家で食べると、結構油っぽくなっちゃいませんか?
お店だと、チンジャオロースやエビチリなど、
油っぽくないのは、火力の差もあるけど、
これが【油通し】のパワーですね。
 

【油通し】は、
中華料理などで使われる調理法で、
下ごしらえの段階で、
いったん材料を、油にくぐらせることです。
 

材料のうま味を閉じ込めて、
色を鮮やかに保って、
短時間で均一に最後の仕上げが出来るようになります。
 

油の温度は、
材料や大きさで変わりますけど、
後でもう一度火をとおすので、
中まで火を通す必要はありません。
 

あとの調理の時間も短時間なので、
材料が油を吸いすぎることもありません。
 

でも、家で油通しをやるのは
なかなか大変な作業ですよね?
 

そんな時は、チョット多めの油で炒めて、
八分通り火が通ったら、いったん取り出して。
油をきっておきましょう。
 

こうすることで、油通しの代わりになりますよ!

【産直の庭】池田


Top